品質管理は?

ドッグフード
引用元 {ドッグフード通販サイト/モグワン}

ドッグフード選びで見逃しがちなのが、品質管理の面です。実はこの品質管理の良し悪しが、人工添加物不使用のドッグフードの質を最終的に決定づける大きな要素だと言えます。犬の食事において重要な点は、そのフードが信頼できるかという点につきます。

品質管理が行き届いている業者の商品は信頼できるため、ちゃんとした原産地の食材を使用している業者を選ぶことが、良いドッグフード選びの基本になります。原産地も国内生産はもちろんですが、動物愛護先進国と呼ばれているアメリカ・カナダ・イギリスの材料を使用している場合は、信頼できる商品といっても良いでしょう。

品質管理が良い業者を見極めるコツは、その業者が大量生産をしているか、少量生産をしているかというポイントが一つの判断基準になります。大量生産を行っている場合よりも、少量生産を行っているドッグフードは管理が行き届いている可能性があるのです。

人工添加物不使用のドッグフードを取り扱っている業者の中には、そういった少量生産で管理に力を注いでいる優良業者が多数います。人工添加物不使用なドッグフードは総じて高い価格設定になっていますが、それだけ品質管理にコストをかけているという証です。逆に言えば安いドッグフードを避けることによって、より高品質な人工添加物不使用なドッグフードを選択することが出来るのです。

原材料を確認

犬犬の健康も人間の健康も基本的には変わりがありませんが、人工添加物不使用なドッグフードは人間が食べられる素材を使っている事でも有名です。人工添加物不使用と記入されていても、必ずしも良い素材を使用しているフードばかりではないため、人工添加物不使用だからと言って無条件に信用せず、まずは自分の目で情報を確かめることが大切です。長期間与える食事ですから、原材料にこだわるのは当然のことで、しっかりと購入前に原材料についての情報を調べることが重要になります。

ネット通販ならば大抵のサイトでより詳細な原材料の情報が記載されているので、そういった情報をよく比較することが、ペットにとっても飼い主にとっても共に良い結果をもたらすことでしょう。重要なのは犬にとって体に良い材料と悪い材料を見極めることで、そういった判断力が飼い主に求められています。良質な動物性たんぱく質が犬にとってはまず必要な栄養素なので、必要な原材料の最有力候補です

その他にも緑黄色野菜も健康的な体作りに大きな役割があります。こういった人工添加物不使用なドッグフードを選ぶ際には、犬の体に良い原材料ばかりを意識してしまいがちですが、犬の健康に悪い食材も飼い主はしっかりと把握して除外していくことがとても大切になっていきます。

人工添加物不使用なドッグフードのメリット

骨のおやつ今やペットも大切な家族の一員として飼われるようになりましたが、ペットの健康はドッグフードの質で決まると言われています。一般的なドッグフードは長期保存のために防腐剤などを大量に使用しているため、必ずしも体にいいとは限りませんが、人工添加物不使用なドッグフードはそういった防腐剤などの人工保存料が含まれていないため、ペットの健康に配慮された食事なのです

人工添加物不使用なドッグフードのメリットは体に良いと言いうだけでなく、余分な添加物が含まれていない分素材の味が表に出てくるため、犬の食いつきがだいぶ違ってきます。犬を飼っていると普通のドッグフードだけでは食いつきが悪くて、犬の鉱物の味が濃い食事と混ぜて与えるという人もいますが、それでは栄養バランスが崩れてしまいます。人工添加物不使用なドッグフードならばそういった心配もないため、ドッグフード本来の栄養バランスのまま、犬の健康に最適の食生活を送らせることが出来るのです

犬にとって美味しい人工添加物不使用な食品を食べさせることで、ストレスも軽減することが出来、ストレスからくる膀胱炎などの予防にもなります。ストレスを与えない食事は犬の毛並みにも反映し、人工添加物不使用のドッグフードを与えた犬は毛の見た目もツヤがあり、生き生きとした姿に見えます。オーガニックな食事を与え、犬のフィジカル面とメンタル面の両面から体質を改善させれば、大切なペットの寿命も延びて飼い主と末永く暮らしていけるようになるのです。そんなペットの長生きを実現するためには、飼い主が積極的に良い人工添加物不使用なドッグフードを選ぶ必要があります。